2008年08月24日

ウォーキングポール

杖を使って歩いたことがある、そういう人は山登りの経験をお持ちの方でしょう。
「杖」と聞くと、お年寄りが片手に木の杖を持ち、もう片方の手は腰にあてて歩くといった姿が思い浮かべられがちです。
しかし、この「杖」はポールやステッキとも呼ばれ、ウォーキンググッズとして有効なものなのです。


運動用の杖には一般的に持ち手がT型のものとI型のものがあります。
T型のウォーキングポールは、基本的に1本を片手に持って使用します。
歩く際の足腰への負担を軽減させる目的で用いられます。
お年寄りが杖によりからだを支えて歩いたり、足をケガした人が松葉杖をつくのと同じような使い方です。
山道を歩いていると、道端で見つけた丈夫な木の枝を杖がわりにしている人とすれ違ったりしますね。
これが本来の杖で、自然の木ですから、持ち手がきちんとしたT型というわけにはいきませんが、からだへの負担を補助するという意味ではT型と同じように使われます。


持ち手がI型のウォーキングポールは、基本的に2本を1セットとし、両手にそれぞれ持って使用します。
スキーのストックと同じような感じですね。
こちらは、T型よりもポールを積極的に使います。
ポールでからだのバランスをとったり、推進力や制動力の補助に利用します。

ポールを使うことで、足に対する負担が減るのと同時に、運動の効果が全身に分散されます。
それにより普通に歩いた場合より消費カロリーが増えるなどのダイエット効果なども見られます。


ノルディックウォーキングといった言葉で検索することで、さらに詳しい効果を見ることができますよ。

posted by walkinggoods at 10:15| ウォーキングポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォーキングポールのいろいろ

ウォーキングポールというウォーキンググッズがあります。
これは山登り、トレッキングなどのハードなウォーキングにおいて必要になる杖のことです。

ウォーキングポールには持ち手の形によりI型T型にわけられます。
また持ち手のグリップ素材も樹脂やゴム製といった人工素材、コルクなどの天然素材などいろいろあります。

感触に関しては天然素材が優れているように思えます。
しかし、耐久性やメンテナンスなど総合的に考えると、樹脂やゴムなどの人工素材に軍配が上がるでしょう。
しかし個人の好みの問題なので、天然素材のポールにこだわる人もいます。


ポールの長さも重要な要素になります。
しかし、今発売されているもののほとんどは、長さを調整できるポールになっています。
特定の範囲内であれば自分に合わせて長さを調整することができるので、そう神経質になる必要もありません。


ポールはずっと取り出して使うものではなく、ザックに固定して移動することもあります。ポールを縮めたときの長さも考慮したほうがよいでしょう。

持ち手がI型のタイプは、グリップを横から握るかたちになります。
必然的にポール全体は長めになります。
逆にT型の持ち手タイプは上から握るかたちですからポールはI型に比べて短めになります。


最近ではポールの機能も充実しています。
地面にポールを突いたときの衝撃をやわらげるサスペンション装置が組み込まれたアンチショックタイプのものも多くなりました。

この機能により、歩く際の手にかかる負担が軽減されます。
とくにグリップを上から握って地面と垂直方向の衝撃が大きいT型のタイプでは有効になるでしょう。


トレッキングなどの専門店へ行くと、いろいろなウォーキングポールが販売されています。
実際に見て、触って、確かめるようにして目的に合ったグッズを購入したいものです。

posted by walkinggoods at 10:03| ウォーキングポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽とウォーキング

ドライブといえば、車種やロケーション、スピードなども重要な要素ですが、BGMもやはり要素の一つになります。
音楽というのは、雰囲気を作り、自分の気持ちを高めてくれます。
そんな音楽をドライブだけでなく、ウォーキングに活用してみませんか?


歩くという運動に直接的な関わりはないかもしれませんが、ウォーキンググッズとして音楽プレイヤーを携帯する人が増えています。
イヤホンをつけて軽快に歩いている人が多いですよね。


音楽を聴きながら歩くことで、歩くリズムも定まり、楽しみながら歩くことができるというメリットがあります。
歩くことに対するモチベーションを高めることもできます。

また、たまに歌いながら歩いている人もいます。
これもある意味、音楽を携帯するということになるでしょう。


ウォーキングを日課にしたいけど、飽きてしまうという人は、音楽を併せたウォーキングを取り入れることで継続できるかもしれません。

また、携帯型音楽プレーヤーとウォーキングシューズを融合させたような、新しいウォーキンググッズが開発されたりしています。
これは、専用のシューズを履いて歩くことで、その情報が携帯型音楽プレーヤーに送信される仕組みになっており、音声で走行距離などを知らせてくれるなどの機能があります。
自分の専属トレーナーとでもいえる、ハイテクウォーキンググッズです。

BGMを利用してのウォーキングはオススメですが、大音量で歌を流していると周囲の人に迷惑がかかることもあります。
また、大きな音で音楽を聴いていると、後ろや横からくる車の音に気付かず、飛び出してしまったりということもあり安全面でも問題があります。

マナーと安全をよく考えた上で、ウォーキングに音楽を取り入れるようにしたいものです。

タグ:音楽 BGM
posted by walkinggoods at 09:29| 音楽とウォーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライトを持って歩く

健康のために趣味でウォーキングを行なう人は、早朝の出勤前や夕方、夜など、会社から帰ってから歩くことが多い傾向があります。
仕事を持っている人は通勤時間をずらすわけにもいかないため、また気候的にもそのような時間帯がちょうどよいのでしょう。

しかし、いずれにしても薄暗い時間帯のため、それなりの視認性を高めるためのウォーキンググッズを装備して行かないと危険も伴います。
特に夕方の薄暗い時間帯は薄暮と呼ばれ、歩行者にとっては視界がある状態でも、自動車は視界がかなり短くなってきていることがあります。
自分は道路の端を歩いていても、歩道のない道路などでは車が自分のすぐ横を通り抜けるのです。
また歩く道も、いつも平坦で乾いているとも限りません。
自分の歩く先を確認するためにも、薄暗い時間帯にはライトを持って歩くのがいいですね。


暗い夜道を、ライトをつけずに走る自転車が危険なのと同様、夜にライトを持たずに歩いている歩行者も相当危険なものです。
自動車を運転する人からも見えにくいですし、本人も歩きづらくなります。


ウォーキンググッズとして発売されているライトもあります。
歩く動きに負担をかけないような持ちやすいデザインになっているもので、重さもできるだけ軽くなるように考慮されています。

また、ライトが2つ点いて足元と前方を同時に明るく照らせるものも出ています。
最近多くなり、また価格も安くなってきたLEDライトを使用しているライトは、既存のものに比べて明るく、寿命も長く、消費電力も少なく、経済的です。

ウォーキングだけでなく、犬の散歩などにもぜひ活用してください。
犬の散歩も早朝や夕方、夜間に出かけることが多いでしょう。
暗い道を歩くときにはぜひライトを持参して、前方の安全を確認すること。
それと同時に「私はここを歩いていますよ」ということを自動車にアピールできます。


出かけるときにはライトを持つことを習慣化していれば、非常時にもサッとライトが取り出せます。
これは思わぬところで役に立つかもしれません。

posted by walkinggoods at 09:14| ウォーキング用ライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェイプアップ効果スパッツ

シェイプアップ効果のあるウォーキンググッズが、テレビCMなどでも紹介されることがあります。
履くだけでスリムに、というのではなく、履いた状態で歩くというのがポイントです。単に締め付けているのではなく、歩くことを前提として作られています。
ウォーキングで歩くなら、効率的にシェイプアップしたいもの。
このような商品に人気が集まるのもうなづけますね。
下半身のシェイプアップアイテムも、ウォーキンググッズのひとつといえるでしょう。


履いて歩くことで下半身をスリムに、という商品は、靴下、パンツ、ガードル、スパッツなどいろいろなアイテムが発売されています。


例えば、スパッツタイプのアイテムですと、下腹部、お尻、太ももを総合的にシェイプアップしてくれます。
これは、スパッツの持つ強力なサポート力を身に着けて運動することにより、マッサージ効果やテーピング効果があらわれることによります。
実際に履いてみると、サポート力が強いため、普通のパンツのようには簡単には履けません。しかし、履いてみると、かなりシェイプされた感じがします。


自分のサイズより小さいものを履いているわけではないのに、引き締められているような感覚が履くだけで感じられるのはすごいことです。


スパッツを着用して歩いてみると、確かに効いている感じがするといった感想が多く聞かれます。
実際にサイズダウンの効果があるか。
それは個人差があるとして、ウォーキングスパッツを履くことで、そのサポート効果によって歩行の際の腰への負担が軽減される効果も期待できます。

ウォーキンググッズとしてスパッツは有効なものといえるでしょう。


ウォーキングスパッツはウォーキンググッズとしてでなくシェイプアップグッズのくくりで扱われているショップもありますので、探すときにはよく探してみましょう。
各メーカーから多くの種類のものが売られていますが、ウォーキング用に購入するのでしたら、吸汗性や通気性に優れた素材のものを選ぶのがよいでしょう。

posted by walkinggoods at 09:02| ウォーキングスパッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ウォーキングの記念にバッジを

山登りを趣味にしている人の中には、山歩きの記念として、現地で売られているバッジを購入し、コレクションしている人が結構います。
このバッジはウォーキンググッズというよりは、ウォーキングメモリアルグッズといったほうが適切だとは思いますが。

ちなみに海外旅行へ何度も出かけている人のスーツケースには、旅した先の国で購入したステッカーがカラフルに貼られていたりしますよね。、
あれも、見るたびに楽しかった旅の思い出がよみがえって楽しいものです。
また、他の旅行好きの人から「○○に行かれたんですね」と声をかけるきっかけにもなり、旅行好きな人同士の交流の助けになることもあるでしょう。

それと同様に、ウォーキングの記念グッズとして、バッジのほかにも、ペナントやキーホルダー、スカーフ、杖(ステッキ)などといったウォーキンググッズも、記念品として販売されていることが多いようです。


そんな中でも、バッジであれば小さくて、コレクションしても邪魔になることが少ないため、集めている人が多いのですね。

歩くときに使う帽子やザックなどのウォーキンググッズにつけて、一緒に持ち運ぶことができるため、人気があるということもあります。
家に飾っておくのではなく、好きなウォーキングに思い出を一緒に連れて行けるのが嬉しいですよね。
先ほどの海外旅行のスーツケースの話ではないですが、山歩きをする仲間と「どこそこの山に行ってきた」という話題作りにもなったりします。


バッジを集めている人に聞くと、ひとつひとつのバッジを見れば、その山に登ったときの苦労や達成感、景色に感動したことなどがよみがえってくるといいます。

趣味によってコレクションするものはそれぞれ違いますが、思い出を振り返るためのきっかけだったり、次のウォーキングへの意欲をかき立てられたり、たくさんの人との交流のきっかけになったりするので、何かひとつのテーマを決めて集めてみるのもいいでしょう。


ぜひあなたも、山歩きの記念にバッジを買ってみませんか。

posted by walkinggoods at 20:37| ウォーキングの記念品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水分補給のためのボトル

長寿な人ほど、適切に水分を摂っているそうです。
人間の体の70%は水でできているそうです。
からだを維持するために水分を欠かしてはいけないということですね。


今、ペットボトルのお茶や、自分の水筒を学校や職場に持っていって、こまめに水分補給をする人が増えています。


普段の生活でもそうですが、ウォーキングなどの運動をしていると、普段の何倍も汗をかきます。
そのため、運動中の水分補給はとても大切です。
ウォーキングを日課にしている人ならウォーキンググッズとして専用のボトルを用意するのがよいでしょう。


ボトルは水筒でもペットボトルでもよいと思います。
歩く距離にもよりますが、大きさは300mlから500mlくらいが適当でしょう。


ウォーキングの場合、歩きながらいつでも取り出して飲めるようにしておくことが大切です。
ウォーキング程度の運動であっても、途中でいきなり立ち止まると体内に乳酸がたまった状態になってしまいますので、ゆっくりでも歩きながら飲み物を飲むほうがよいのです。


ペットボトルに入れた飲み物は、ペットボトルホルダーで腰に下げたり、直接手に持ったり、ザックの外ポケットやウエストポーチなどに入れておくとよいでしょう。
とにかく、歩くときにからだの動きを妨げないように持ち歩いてください。


ウォーキンググッズとして発売されている専用のボトルは、運動しながら飲むことをよく考えて作られているので、これから購入することを考えているのならお勧めです。
たとえば片手でキャップを開けると飲み口が出てきたり、グローブを着けた手でも開閉がしやすい構造になっているものもあります。
また、ボトル本体をプッシュすることで中の水分が出てくる工夫がされていたりします。
これらはマラソン選手が走りながらスペシャルドリンクを補給をするのに使うボトルと同じ構造です。
動きながら水分を口から入れる、というのは簡単そうで意外と技術のいる行為なのです。


ウォーキングのコースによっては、途中で自動販売機などから飲み物を買えないことも多いものです。
前もって飲み物を準備しておきましょう。

posted by walkinggoods at 20:24| ウォーキングと水分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

快適な靴下を履きましょう

ウォーキングは全身を使う有酸素運動です。
しかし、なんと言っても足を使った運動であるということに間違いはありません。


はただ立っているだけでもあなたの全体重を支えています。
そして歩くときにはさまざまに変化する路面に柔軟に対応し、酷使されながらも動き続けてくれるのです。
その足を守り、さらに運動効果を高めるのに役立つのがウォーキンググッズです。


足を守るにはまず第一にシューズが重要です。
しかし、実際には直接足に触れている靴下も重要になるということを忘れてはいけません。
あなたが「散歩は素足に草履以外認めない!!」という人でないのなら、素足にウォーキングシューズを履くといった行動は絶対にオススメしません。
素足に直接シューズを履くことは足にまめができる原因になります。
また、足の疲労感も強くなります。


ウォーキング専用とまではいいませんが、汗をよく吸い取り、素早く発散させるような素材の靴下を選ぶようにしたほうがよいでしょう。


通勤・通学用のものでも、ひんやり感じる素材(吸湿・発散に優れた素材は気化熱によりそういった感覚を覚えるものがあります)や優れた乾燥性を持った素材を使った靴下があります。

また、素材に銀メッキ繊維を使用することで靴下での雑菌の繁殖を抑え、足のにおいを防いでくれるもの、チタンが含まれた繊維を使うことで足の血流を促すものも発売されています。
これらの成分は、靴下の表面にスプレーされているのではなく、繊維に練りこまれているものですから、洗濯して使ってもその効果は問題なく持続します。


またウォーキンググッズとして発売されている靴下には、保温性、通気性、速乾性に優れているというだけに収まらず、足首などを守るためクッション性にも富んでいるものがあるようです。
山歩きやトレッキングなど、路面の状態が安定していない場所を歩くときには、足に対するダメージもそれなりに大きくなります。
そのような激しい足の動きには特に靴下のクッション性の効果が発揮されます。


ウォーキング専用ソックスは、足の動きを研究して開発されたものですから、3足1000円というお値打ちさはありません。
しかし1足1000円程度ですから、購入する価値はあると思います。
気になる人は、ぜひ購入してその歩き心地を体感してみるとよいでしょう。

posted by walkinggoods at 18:02| ウォーキングと靴下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体重計で体調チェックを

ウォーキングを始めるきっかけは人それぞれでしょう。
通勤のときに歩いたり自転車に乗ったりしていた人が、定年退職を境に運動を全くしなくなる。そういうことはよくあります。
運動不足にならないようにウォーキングを始める、そういう人はかなり多いです。

また友人や家族と共通の趣味を持つためという人もいます。
周囲にウォーキングを趣味にしている人がいると、きっかけも多いことでしょう。

あるいは健康診断の結果を見て思い立ったという人もいれば、お医者さんから運動をすすめられてウォーキングを始めたという人もいるでしょう。

企業における「脱メタボリック運動」として、通勤や業務中は自動車を使わず移動するようにしたり、食事内容に関するチェックを行うなど、会社ぐるみで社員の健康のための運動を行っているところも増えています。


いろいろな健康の指標がありますが、そのひとつとが、体重体脂肪率です。

普段から自分の体重を知っておくことは健康管理の基本です。
ウォーキンググッズの一つとして体重計、ヘルスメーターを置いておくのは必須です。


毎日体重を測定することで、自分の現状を把握できます。
ただ単に歩くのではなく、目標を持ってウォーキングを続けられるようになります。


ダイエットのために歩く人にとっても、体重計は必需品です。
しかし、ダイエットだからといって体重ばかり気にするのは間違いです。
ダイエットというのは単に体重を落とすのが目的でなく、むしろ体型が気になるのが普通でしょう。体重というのは、体型という数値化できない指標に比べて、完全に数値化されたものなので、指標として分かりやすいという理由だけで用いる人が多いだけのことです。

バランスのよい食事と運動により、余分な体脂肪を落とし、その上で健康的な体重を目指すのがよいのであって、不健康な体でもとにかく体重が低ければよいというものではありません。

ですから、体重計を買うときは、体重だけでなく体脂肪率も測定できるものを買うとよいでしょう。

最近では、筋肉量や内臓脂肪率、基礎代謝などが測定できる高度なものも販売されています。


毎日の体重測定は、自分でできる簡易的な健康診断のようなもの。
ウォーキンググッズとしてのみでなく、家族の健康維持管理のためのグッズとして、一家に一台、体重体組成計があることが望ましいのです。

posted by walkinggoods at 17:41| ウォーキングと体重計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォーキングパンツでカッコよく歩こう

毎朝ウォーキングしている人もいれば、休日のウォーキングをしている人もいるでしょう。いったいあなたはどのようなスタイル(服装)でウォーキングをしていますか?

夏であればTシャツにハーフパンツといったスタイルで歩いている人もいるでしょう。
熱中症を防ぐための帽子、汗を拭くためのタオルを首に巻くというのもアリですね。

また、冬ならジャージの上下にウインドブレーカーという人もいるでしょう。


吸汗性、通気性さえ確保できれば、普通のTシャツやジャージで十分だと思います。
でもせっかくウォーキングを日課にするのならば、専用のウォーキンググッズを身に着けて歩くのもいいかもしれませんね。

今では、歩くときの人間の体の動きを研究し、さまざまな工夫を凝らしたウォーキング用のウエアが発売されています。

中でも多いのが下半身の動きに対応したウォーキング用のタイツやパンツです。
保温性や吸湿性、速乾性に優れた繊維が使われているものが多く、サポート力も抜群で、歩く人の血流を促進する効果が持たされているものもあるようです。
それにともない、筋肉疲労の軽減、さらにはケガの予防などにも効果があります。

また、主に女性を対象として開発された「骨盤引き締め」効果のあるウォーキングパンツもあります。
メッシュ素材のサポータータイプのもので通気性を確保し、下腹部と骨盤を引き締めてくれる、まさに女性にとってうれしい機能です。
見た目も気にする女性は多いので、カバースカートが付属し、お尻をさりげなく隠してくれるものなどにも人気が集まっています。


ウォーキンググッズは通販でも手に入れることができますが、ウォーキングパンツなどは履き心地を試してから購入するほうがよいでしょう。
通販で購入する場合でも、サイズが合わなかった場合には返品・交換などが可能か確認してから注文するとよいでしょう。

posted by walkinggoods at 17:16| ウォーキングパンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。