2008年08月24日

ザック

ウォーキング中には、適度な間隔で水分補給が必要です。
水分補給のために水やお茶などを入れた水筒かペットボトルを持っていくようにしたいものです。
また、変化する天候に対応するため、替えの上着やレインウエアなども持って行きたいです。

そういったウォーキングに必要な持ち物を携帯するために必要なウォーキンググッズがザックです。
ザックは、リュックやデイバッグ、バッグといった呼び方をされることもあります。
いずれにしても荷物を入れて背負って運ぶための入れ物という点では同じです。


簡単なザックだと、袋にひもを通したナップザックなどがあります。
また大きなものでは専門店で購入するような登山用ザックなどもありますね。
ザックの用途、材質、価格もまちまちです。

日帰りのウォーキングであれば、小型から中型のザックがお勧めでしょう。
歩きながら気温が上昇してくれば、温度調節のために上着を脱いでザックに入れることもできますので、出発前に必要な荷物を入れても、少し余裕が残るような大きさのザックを選んだほうがよいでしょう。
しかし基本的にはウォーキングの荷物はできるだけコンパクトにするのがベストです。
余裕を持たせすぎて必要以上に大きなザックにするというのも不必要です。


ザックの材質は、おもに強度の高いナイロンやポリエステルが多いようです。
生地の厚さによってザック全体の重さが変わってきますので、必要以上に頑丈なザックを購入する必要もないでしょう。

ザックの構造も、中が1室か複数の部分に分かれているのか、ポケットがあるか、レインカバーがついているか、ウエストベルトが装備されているか、といった違いを見ながら決めるとよいでしょう。


購入するときには、できるだけ実際背負ってみて、自分のからだとのフィット感をチェックします。
またウエストベルトを締めたときの具合を確かめ、ファスナーの開閉にトラブルがなさそうか確認しましょう。


ザックを背負って歩くと、背中に汗をかいてきます。
ザック自体に背中が蒸れにくい工夫がされているかどうかも大切なチェックポイントになります。


ウォーキンググッズとしていろいろな機能を盛り込んだザックもたくさん発売されています。
自分の目で確かめて、自分の背中に背負って、安全にウォーキングが続けられるようなものを選ぶのがよいでしょう。

タグ:ザック
posted by walkinggoods at 10:47| ウォーキングとザック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。