2008年08月22日

靴擦れ防止に絆創膏

ウォーキング以外のスポーツでもそうですが、スポーツを始めたての頃やシューズを新調したばかりのときに気をつけなければならないのが、靴擦れです。特にウォーキングでは、歩いている途中で靴擦れが起こると、痛みのある足をかばうような歩き方になってしまい、余計な負担がかかった筋肉を傷めてしまうことにもなります。


そこで登場となるのが身近にある応急処置のアイテム絆創膏です。


夕飯の支度中にちょっと指を切っちゃった、なんてときに、とりあえずサッと貼っておける絆創膏は便利ですが、実は、この絆創膏はスポーツの際の応急処置に絶対持っておきたいものなのです。


とりあえずの応急処置として、まめの部分に絆創膏を貼っておけば、靴などの摩擦からの痛みが大幅に和らぎますので、ゆっくりなら歩くことができるようになることも多いでしょう。帰宅後すぐにきれいに洗って消毒をすれば、治りも早くなります。


また、絆創膏はまめができてしまったときだけでなく、まめができないようにあらじじめ貼っておくという、靴擦れ予防にも有効です。
これは、出かける前に、まめができそうな場所にあらかじめ絆創膏を貼っておくだけのことなのですが、これがかなりの効果を発揮します。
靴擦れ予防用の絆創膏もありますが、家にある傷用絆創膏で全く問題ありません。


また絆創膏だけでなく、靴擦れしそうなところに塗る靴擦れ防止クリームも発売されています。
靴擦れ防止クリームはウォーキングする人はもちろん、新しいサンダルを履く女性が、見た目にわからないように靴擦れを予防したいときにもよく用いられているようです。


靴擦れ予防用品も、歩きたい人にとって欠かすことのできないウォーキンググッズといえるでしょう。

ラベル:靴擦れ 絆創膏
posted by walkinggoods at 08:14| ウォーキングの靴擦れ予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。