2008年08月24日

ウォーキングシューズについて

ウォーキングは今では健康に気づかう人の定番の運動の一つとなっています。
ウォーキングは特別なテクニックや道具などがなくてもはじめられるため、意気込まなくても自分の時間を空ければ始められます。
それだけ気軽にできる運動として人気があるんですね。

しかし、毎日続けてウォーキングを行うには、それなりのグッズを揃えておきたいということもあるでしょう。


ウォーキンググッズといえば、真っ先に思い浮かぶ、一番大切なものがシューズになります。
ウォーキング中の歩き方は、歩幅を広くとり、かかとからしっかり着地し、土踏まずの外側を伝って、つま先へと体重を移動させます。
正しい姿勢での歩行を行なわなかったり、自分の足にフィットしないシューズを履いて歩き続けると、脚だけでなく腰や他の部分にまで負担がかかり、からだの故障の原因にもなります。


ウォーキング時に履くシューズは、足に確実にフィットし、かつ、足の動きを制限しない、指が広がる余裕のあるような幅のものを選びましょう。


また、ウォーキングを行なうときの路面のコンディションは、常に一定とは限りません。
アスファルト舗装の道路であったり、公園の芝生の上であったり、砂利道ということもありえます。
また、天候によっても路面の状況は変わります。
そのため、シューズの靴底は、足の裏に衝撃が直接的に伝わらないようにクッション性があるもの、さらに滑りにくいものにするのがベストです。


インターネット通販などでもさまざまな機能をそろえたウォーキングシューズが販売されています。
しかし、特にはじめてシューズを購入する場合などは、必ず試着をした上で購入することを強くオススメしたいと思います。

靴というのは、ウォーキングシューズに限らず、数字上は同じサイズであっても、実際に履いてみると、そのフィット感が違うことも珍しくありません。
特にメーカーが異なればその感触の差は大きくなりますし、海外製のものだとさらに顕著です。

また、脚の筋力アップのために、おもりの入ったシューズなどもあります。
これはある程度ウォーキングに慣れて、多少負荷をかけて歩きたいという人向けでしょう。


健康のためにウォーキングを始めたのに、足や腰への負担が大きすぎて、かえって健康を損ねてしまうというのでは意味がありません。
ウォーキングの基本となるシューズ選びは、とにかく慎重にするにこしたことはありません。
材質や機能をよく考えて、自分のからだと目的に合ったものを購入するのがよいでしょう。

posted by walkinggoods at 16:46| ウォーキングシューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。