2008年08月24日

ウォーキングシューズの履き方

これからウォーキングを始めようと思っている人がまず揃えたいウォーキンググッズといえば、ウォーキング専用の靴ですね。
普段から履きなれている運動靴でもいけなくはありませんが、長くウォーキングを続けるつもりなら、それにあうような専用のシューズを購入するのもよいでしょう。

ウォーキングシューズはさまざまなタイプのものが販売されています。
それぞれの特徴をよく見て、自分の目的にあっているものがあるか、実際の履きやすさはどうかといったことを考えながら、慎重に選びたいものです。

つま先にゆとりがあること、ひもで調整できること、中敷が交換できることも、ウォーキングシューズ選びには大切なポイントとなります。


シューズの履き方のポイントですが、まずシューズに足を入れたら、足をシューズのかかと側に寄せ足先を上げます。
そして、まめの予防、足の甲の圧迫の予防のため、靴下のしわや、靴のかかと部分のしわを取り除いて整えます。
足の甲の部分は、歩いて足を踏み込んだときに窮屈になりがちな部分です。
これに対応できるよう、状態に合わせて伸びるようなひもの通し方をしておくとベストです。

ウォーキングに適したひもの通し方は、穴の内側から通して外側に向かってひもを出すように組んでいく方法です。
このようにひもを組み上げておくと、足が反って甲が張り出したときでも、窮屈さが緩和されて動きやすくなります。

せっかくウォーキンググッズとして揃えた靴です。
長く使うためにもお手入れはきちんとしておくようにしましょう。

汚れたら洗うというのは基本ですが、中敷を抜いて靴のつま先部分にできる毛玉をとったり、靴底の減り具合をチェックしたり、縫い目のほつれがないかも確認しておきましょう。
靴は履き続けることで次第に自分の足にフィットしてくるものです。
最初の頃は特に丁寧に扱って、足に合った靴に育て上げてください。

posted by walkinggoods at 15:50| ウォーキングシューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。