2008年08月24日

歩くときの服装 肌着編

ウォーキングという運動をすれば、長い時間、自然の中で過ごすことになります。
私たちはともすれば勘違いしがちですが、自然環境というのはいつも一定ではないものです。
季節によっても変化しますし、時間帯によっても、天候はさまざまに変化してきます。
それらの環境の変化に対応しつつ、楽しくウォーキングを行なうためにはどのようなウォーキンググッズを準備すればよいのでしょうか。


ウォーキンググッズはシューズやウェア、帽子、ザック、その他歩数計などの小物にいたるまで、いろいろなものが販売されています。


その中でも、特に天気や気候によって工夫が必要なのがウェア、つまり服装です。
特に、肌に直接触れる肌着は服装の中でも重要です。

普通の肌着といえば綿素材のシャツなどが一般的です。
しかし、綿は濡れると乾くのに時間がかかるという特性もあります。
布地が汗を含むと必要以上に体温が奪われてしまいます。

意外かもしれませんが、綿素材の肌着はウォーキングには向いているとは言えないのです。
ウォーキングのときは乾きの早い合成繊維の肌着を利用するのがよい選択になります。
特に吸汗性、通気性のよいものを選びましょう。


ダクロン、クロロファイバー、ポリエステル、その他多くの合成繊維でできた肌着が発売されています。
抗菌・消臭加工してあるもの、や雨に濡れると発熱するもの、逆にひんやりとした涼感を感じさせるものなどがあります。
歩く場所、季節、気候に応じて最適なものを選びたいですね。

歩くことで体温が上昇するとからだは熱を放出させるために皮膚に大量の汗をかきます。
汗により衣服の中に湿気がたまると、それがからだを冷やす原因となり、風邪をひいたり、体調を崩したりします。
また疲労がたまりやすくなってしまいます。

自分のからだを一番身近で守ってくれる肌着は、軽視されがちですが、重要なウォーキンググッズといえるでしょう。

ラベル:肌着
posted by walkinggoods at 14:00| 歩くときの服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。