2008年08月24日

歩くときの服装 夏編

うだるような暑いの日が続いています。
エアコンのよくきいた室内にいると外に出る気にならないという人も多いでしょう。
そんな中でも、ウォーキングを楽しんでいる人は多いものです。

毎日のウォーキングを日課にしている。
そんな人は、炎天下の日中にウォーキングに出かけるといった無謀なことはしないでしょう。
しかし、早朝や夕方でも夏の日差しや気温を侮ってはいけません。
夏場のウォーキングでは、日焼けや熱中症からからだを守るために、特に服装に工夫が必要です。


まずは、汗の蒸発させ体の熱を奪うために、軽くゆったりとしたデザインの服装を選ぶことが大切です。

汗の蒸発を促すという意味では、丸首のTシャツがいいように感じます。
しかし、首は特に日焼けしやすい部分でもあります。

襟付きのシャツを襟を立てて着る、首に手ぬぐいやバンダナを巻くといった方法で日焼けを防ぐことも大切です。


ウォーキンググッズとして、水を含むとひんやり感じさせる素材でできたバンダナも販売されています。
そういったバンダナを首や頭に巻いて使うのもよい方法でしょう。

また、普段、あまり外で運動をしない人は、半ズボンを避けたほうが賢明です。
膝の裏側など、地面に近い部分では、照り返しにより気付かないうちにかなりひどい日焼けになってしまうこともあります。
普段外で日焼けをしていない人がいきなりウォーキングを行う場合には、丈の長めのズボンをお勧めします。

夏の服装で素材は通気性、吸水性、発散性の高いものを選ぶのが大切ですね。
UVケア効果のあるシャツやズボンも販売されています。
こういった夏に向けたウォーキンググッズを数種類持っておくと万全でしょう。

帽子ももちろん夏の必需品です。
生命の危険もある熱中症だけは絶対に防がないといけません。

また、自宅から出発して自宅に戻るといったコースでウォーキングをするときはよいですが、歩いたあとに電車などに乗って帰宅するといった予定の場合、着替え用のシャツを予備に持っておくと、汗でびっしょりの服装で乗り物に乗らずに済むため、周囲に気兼ねなく過ごせるでしょう。

ラベル: 服装
posted by walkinggoods at 13:10| 歩くときの服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。