2008年08月24日

歩くときの服装 冬編

寒いは暖かい部屋から出たくないもの。
それどころか朝、布団から起き上がるのさえも億劫です。

でも冬場にランニングやウォーキングを行なう人が多いのは、寒い中で体を動かすことによりからだが温まる効果があったり、体の細胞が活性化するような感覚を覚えるからでしょうか。


寒い季節にウォーキングをするにあたり、揃えておきたいウォーキンググッズというのもあります。
まず服装ですが、お正月の駅伝などで選手がランニングに短パンで走っているのをみて、冬でも運動をする人なら軽装でよいと勘違いしてしまいそうになりますが、ウォーキングは走るのとは運動量が違います。
冬のウォーキングの服装の基本は防寒です。

しかし、寒いからといって肌着などを何枚も着込むのも考え物です。
運動を始めると汗をかきますから、逆にからだを冷やして体調を崩すもとです。
また肌着をたくさん着込むことで体が動かしにくくなります。
冬場のウォーキングでは上手に重ね着をすることでこまめに温度を調節することが大切ですね。


冬の冷たい北風からからだを守るウインドブレーカーは、必ず持っておきたいウォーキンググッズです。
素材によって、雨よけ(レインコート)を兼ねたものもあります。


また、運動中に脱いだり着たりした上着を入れるためのザックも必要です。
首の周りからは体温が逃げていきやすいため、マフラーも欲しいですね。
服だけでなく、ズボンの中にも、インナーウェアをプラスするのがよいでしょう。


歩いているときは暖かくても、休憩するときにはからだが冷えるため、保温マットなどを備えておくと、休憩時に体温が逃げるのを防ぐことができて便利です。

寒い寒いと閉じこもっているばかりでは体がなまってしまいます。
思い切ってウォーキングに出かけてみましょう。

タグ: 服装
posted by walkinggoods at 12:21| 歩くときの服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。