2008年08月24日

歩くときの服装 雨編

健康のため、あるいは趣味で毎日のウォーキングを日課にしているという人なら、雨が降った日は思い切ってウォーキングをお休みするということでも構わないと思います。
しかし、雨が降ったくらいではウォーキングを休まないと決めていたり、あるいはサークルなどでそろって歩きに行こうと予定していた日に雨が降ってしまった、ということでしたら、雨の日のためのウォーキングの装備を整えて、安全にウォーキングを楽しむようにしたいものです。


雨の日のウォーキングにはレインウエアがかかせません。
ゴアテックスなど、レインウェア用の素材は内側からの透湿性、外側に対する防水性が高いため、雨を防ぎながら汗を通してくれますので、内側が蒸れることがありません。
また防風対策としての意味もあるため、ウォーキンググッズとしてだけでなく、冬の日常的な防寒服として利用することもできるでしょう。

レインウエアは動きやすい上下に分かれたタイプがオススメできます。
レインウエアを羽織ったときには、普通よりも1枚余分に着ることになりますから、中に着る服は1枚減らして、ザックなどに入れておきましょう。


レインウエアの色は、危険を防止する意味も込めて、天気の悪い日でも車から見やすいような明るい蛍光色が取り入れられたものを選ぶと安全面から見ても安心です。

また雨具としてポンチョを利用するというのもよく行われます。
頭からザックまですっぽり覆えるため人気がありますが、風の強い日などには下から舞い上げられてしまい歩きにくいときもあるでしょう。
ただし、突然の雨に対応するために普段からザックに入れて持ち歩くには、比較的スペースをとらず、手軽に持ち運べるポンチョはよい選択でしょう。
ポンチョはゴアテックスなどのレインウエアに比べて安価で購入できます。


シューズは皮製であれば、出かける前にオイルやワックスを塗っておくか、防水スプレーをする、シューズカバーを利用するなどするとよいでしょう。


ウォーキングのときには雨具として折りたたみ傘などを利用することは避けましょう。
風が吹いたときに飛ばされる危険性があります。
また、グループで歩くときには他人視界を遮ったり、体にぶつかったりして迷惑をかけてしまいます。

しっかりとした装備さえしていれば、雨の日のウォーキングはいつもと違った景色が楽しめるため気分転換にもなります。

posted by walkinggoods at 11:46| 歩くときの服装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。