2008年08月16日

腕時計

腕時計は、スポーツだけでなく、普段の生活の中でも
欠かせないアイテムとなっています。とくに分刻みで
スケジュールが詰まっているビジネスマンなどには、
腕時計は絶対にかかせないという人も多いでしょう。

最近では腕時計といっても、時計機能だけでなく、
さまざまな機能が搭載されている腕時計も増えてきました。
使うシーン別にぴったりの機能のものを選ぶことが
できます。こういった多機能腕時計はスポーツシーンでも
とても便利なアイテムになっているといえるでしょう。

ウォーキングは健康によいと言われていますが、
カラダを動かすという意味では、他のスポーツと
変わることはありません。無理をしたり、間違った
方法でウォーキングを行うなどすると、逆に体に
とって悪影響が出ないとも限りません。

無理せず、自分のペースで。これがウォーキングには
重要なことなのです。しかし、自分のペースというのが
わかりにくい、そんな人も多いでしょう。特に、
ウォーキングを始めた頃は自分のペースが分かりませんので、
毎日のウォーキングを行なう距離や時間の目安を
把握するためにも腕時計を一つ持っておくと大変に便利です。

ウォーキンググッズとしての腕時計は、通常の
時計機能に加えて、歩数計の機能が付加されたもの、
歩行距離やスピードから消費カロリーが測定できるもの、
さらには心拍数を測定できるものなどもあります。

この心拍数の計測は、腕の脈から微弱電流を感知して
測定するタイプのものや、センサーに指をあてて
測定するものなどがあります。

ウォーキングは有酸素運動なので、心拍数はある程度の
レベルまで上がるのが理想的です。また理想とされる
心拍数は年齢が若いほど高くなります。逆に年配に
なればなるほど、脈拍より血圧の上昇が著しくなりますので、
あまり脈拍数を高くしようとすると、大変に危険です。

そのため、あらかじめ自分の年齢を入力することで
目標心拍数が自動的に設定されるようなものもあります。
これだと、目標となる心拍数が簡単に把握できますし、
運動中に目標心拍数から外れるとアラームで知らせて
くれるものすらあります。

こういった腕時計はウォーキング時の体調を
リアルタイムに把握してくれるため、無理をしていれば
アラームで警告してくれるというトレーナーのような
存在になります。特に年齢の高い方にとっては、
無理のない自分のペースというのを値で示されることで、
安心してウォーキングを続けられます。

ウォーキンググッズとして発売されている腕時計の
ほとんどは、汗や雨、水道の水がかかる程度の
水濡れには対応した生活防水の仕様となっています。

ただし生活防水では、完全に浸水してしまう状況は
想定されていません。泳いだり、渓流を登ったり
するような激しいトレッキングなどにも使いたい場合は、
ダイバーズなどの高い気圧防水のものを使ってください。
posted by walkinggoods at 00:04| ウォーキング時の腕時計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。